フリーエンジニアの専門外業務を減らす方法

技術者としてのスキルを発揮して働きたいと考えるエンジニアにとっては、企業に勤めるのに比べると、フリーエンジニアになることに魅力が少ない可能性がある。
企業においては福利厚生が充実していることに加えて、納税等の事務手続きを企業側で行ってくれるため、技術者としての仕事以外の負担が極めて少ないからである。
また、仕事を自分で手に入れなくとも企業の事業方針から必然的に仕事が生まれてくるため、営業活動に時間を割かなくてよいというメリットもある。

裏を返せば、フリーエンジニアとなると納税のための経理の仕事や、技術者としての仕事を行うための営業活動が必要になるというのが、技術者として働くことに重きを置きたい人にとってデメリットになる。
しかし、仕事さえ獲得できれば働きたいだけ働くことも可能であり、仕事の内容も選ぶことができるというメリットもあることから、フリーエンジニアを目指す技術者も少なくない。

そういう人たちにとって役立つのがエージェントであり、エージェントに登録することによって、営業活動を行わなくとも仕事の紹介を受けることが可能になるのである。
紹介に際して手数料がかかることはあるものの、それによって自分のやりたい仕事だけに専念することができることになる。
また、経理についても税理士に依頼することによって、その仕事を全て任せることができる。やり方次第では、技術者として働くことに重きを置くこともできるのである。
少しでもフリーエンジニアに興味があるのであれば、役に立つサイトを紹介するので覗いてみるといいだろう。→→→≪ランキングで見るフリーエンジニアのためのエージェントハウス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>